「[販促戦略/ギフト販促]001」
に引き続き、
 
~~~~~~~~~~~~~~~
「A4用紙1枚」で仕掛ける
ギフト戦略
~~~~~~~~~~~~~~~
 
について記させていただきます。
 
「[販促戦略/ギフト販促]001」では、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【案1】テーマギフトを作る
【案2】価格帯ギフトを作る
【案3】エントリー向けギフトを作る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記によって
ギフト商品9品目に絞り込むことを
記しました。
 
 
今回も【PDCA】の【P】の
【Plan】の部分についてになります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ギフト商品に命名してください。
────────────────────
 
ギフトアイテムが多い上に、
注文しづらい名称で販売されている
お店が多いです。
 
 
例えば、「御菓子20個入り」というギフトが
数点あるお店です。
 
 
詰合せ内容によって種類が増えるのは
わかるのですが、
 
————————
全て同じ名称
————————
 
だと、指をさすか、何が何個入っている
ギフトなのか言わなければなりません。
 
 
この問題を解決するために、
 
++++++++++++++++++++++++++++++
ギフト商品に命名してください。
++++++++++++++++++++++++++++++
 
とご提案いたします。
 
 
640_640_letter
 
 
命名をご提案すると、
 
「どのような名前がいいのでしょう?」
 
と質問されます。
 
 
私がおすすめしているのは、
─────────────────
【1】お店の近辺の地名
 
【2】オシャレな漢字一文字
 
【3】花や木々の名前 
─────────────────
の三つのカテゴリーです。
 
 
最近の実績では、
【1】と【2】を利用されました。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■命名する狙い
────────────────────
 
命名を提案するのには、
理由があります。
 
 
一つは、
─────────────────
進物商品に愛着がわき、
オシャレになるということです。
─────────────────
 
「和菓子20個入り」
 
・・・よりも、
 
「御菓子20個入り[雅(みやび)]
 
「御菓子20個入り[絢爛(けんらん)]
 
「御菓子20個入り[桜塚(さくらづか)]
(桜塚はヒロタ印刷がある地域です)
 
の方が聞こえが良く、
一つ一つのギフトに
命が芽生えるような感じです。
 
 
もう一つは、
─────────────────
注文しやすくなることと、
注文を受けやすくなるということ。
─────────────────
 
実は、「注文しやすくなる。」というのが
最も大切です。
 
 
お店での注文は、 
「御菓子20個入り」でも、
指さしなどで対応できます。
 
 
でも、電話注文ならばどうでしょう?
 
「御菓子20個入り」が複数ある場合は、
どの商品の20個入りなのか
確認する必要があります。
 
 
一つ一つの商品に名称があると、
注文する側も、注文を受ける側も、
該当商品は合致します。
 
 
【PDCA】の【D】の
【check】で記すのですが、、、
 
 
ヒロタ印刷は、
~~~~~~~~~~~~~~~
「A4用紙1枚」で仕掛ける
ギフト戦略
~~~~~~~~~~~~~~~
を他の媒体との連動を提案します。
 
 
連動の際は、
「命名」は大切な要素になります。
 
 
一つの取り組みを
複数の取り組みと連動させるのが
ヒロタ印刷です。
 
─────────────────
【1】お店の近辺の地名
 
【2】オシャレな漢字一文字
 
【3】花や木々の名前 
─────────────────
 
お時間がありましたら、
ギフト商品の名前を
考えてみてください。
 
————————————————
003では、
媒体(A4用紙)への落とし込みと、
他の媒体との連動について
記します。
————————————————
 
 
ギフト販促で
売上アップにつながる販促を!
 
 
■ヒロタ印刷 ホームページ
http://hirota-printing.jp/