発信している販促情報について、
ご質問いただきました。
 

 

■お客様を見える化しましょう。
■広いエリアのお客様を見える化するには

 
以前発信した
二つの発信内容についての
ご質問です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q.
 
見える化した先にあることを
具体的に分かりやすくお願いします。
─────────────────
 
ご質問ありがとうございます。
 
 
回答させていただきます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
A.
 
見える化の先にというよりは、
顧客の見える化は、
 

│「顧客関係管理」を充実させるための
│一つのツール

 
だと思っていただければと思います。
 
 
戦に例えると、
 
攻めるべき城がどこにあり、
まず攻めるべき城はどこか
 
といことを確認するための
ツールということになります。
 
 
住所だけの情報では、
具体的な位置は把握できません。
 
 
そこで利用するのが、
見える化、つまり
マップを利用することです。
 
 
そして広域の顧客の見える化には、
インターネットの地図サービスを
利用します。
 
 
さて、
 
 
見える化の目的は、
法人、個人、それぞれ異なります。
 

■法人顧客の場合
━━━━━━━━━━
・住所だけではわからない顧客の場所を、
 具体的な地図で確認できる。
 
・営業の範囲(商圏を決める)
 
・法人の営業順位をマップで
決めることができる。
(お店から近い場所から営業をかける)
 
■個人顧客の場合
━━━━━━━━━━
・住所だけではわからない顧客の場所を、
 具体的な地図で確認できる。
(法人顧客と同様)

・顧客の場所を確認し、
 プッシュの販促戦略を明確にする。
 │
 ├ チラシを配布する場合の
 │ 配布エリアの選択
 │
 ├ 広告を出す場合の
 │ 広告手段の選択。
   →遠方に顧客が
    集中している場所がある場合は、
    顧客が集中しているエリアの
    地方誌などに広告を出稿する。
   →facebook広告など
    ネット広告を出稿する場合に、
    エリアを限定させる。

上記の認識の上で、
営業や広告(DM含む)をしながら、
武器となるツール(紙媒体、広告手法など)を
考え続けていくことが大事になります。
 
─────────────────
 
顧客関係管理を行うことだけでも
素晴らしことです。
 
 
しかしながら、
 
 
もう一歩踏み込んで、
 
━━━━━━━━━━━━━
緻密で戦略的な顧客関係管理
━━━━━━━━━━━━━
 
ができれば、
向かうところ敵なしの販促が
可能になります。
 
 
見える化で、
最高の顧客関係管理を
実現してください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━