基本ができたら、
ぐんぐん成長した!
 
・・・という経験はありませんか?
 
 
ある施設の建物を見て、
水泳でそう思った体験を
思い出しました。
 
 
スイミングスクール 
 
水泳が苦手だったので、
中学二年の時、
友達と1週間の夏季講習を受けました。
 
 
クロールよりも
平泳ぎの方がましだったので、
平泳ぎの講習を受講。
 
 
初日に先生から一言。
 
 
「基本ができてないから、
 動きが無意味に大きすぎて、
 体力を消耗するだけだよ」
 
 
先生は基本のフォームを
徹底的に教え込みました。
 
 
やがて基本のフォームができると、
みるみる泳ぐスピードが
速くなりました。
 
 
そして、
 
 
動きが小さいので、
体力の消耗が少なく、
いくらでも泳ぐことが
できるようになりました。
 
┃ 
┃■基本ができれば
┃ 【泳ぐ】スピードが
┃ どんどん増していく。
┃ 
┃■基本ができれば、
┃ 【泳ぐ】動きが小さくなるので
┃ 体力の消耗が少なくなる。
┃ 
┃■基本ができれば、
┃ 【泳ぐ】ことが楽しくなる。

 
1週間の講習で、
この三つを学びました。
 
 
・・・販促でも同じことが言えるかと思います。
 
 
┃ 
┃■基本ができれば
┃ 【販促】スタイルの構築スピードが
┃ どんどん増していく。
┃ 
┃■基本ができれば、
┃ 【販促】の動きが小さくなるので
┃ 労力と費用が少なくなる。
┃ 
┃■基本ができれば、
┃ 【販促】が楽しくなる。

 
販促の基本は、 
━━━━━━━━━━━━━━━━
情報・画像・ブランドコンセプト
━━━━━━━━━━━━━━━━
の三つの要素。
 
 
この三つの販促の基本要素を、
ヒロタ印刷では、
 
+++++++++++++++++++++++++
販促三大要素
+++++++++++++++++++++++++
 
と定義づけています。
 
 
まず少し時間をかけて、
販促三大要素を構築すれば、
永遠に販促媒体構築が
楽(省力)になります。
 
 
この販促販促三大要素を整理せず
販促をすると、
 
 
先ほどの平泳ぎの例のように
講習を受ける前の状態のように、
—————————
■動きが大きい割りに、
 スピードが出ない。
 
■動きが大きいから、
 体力が続かない。
 
■伸びないから、
 楽しさを見いだせない。
—————————
という状態になります。
 
 
せっかく販促に取り組むならば、
楽(省力)につなげたいですね。
 
 
ぜひ、販促の基本を構築していきましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
ホームページを中心にした
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━