「昔は作れば売れたのに、
 今は作っても売れない・・・」
 
 
そんな言葉を
至るところで聞きます。
 
 
その大きな理由の一つは、
 
「スマホの普及」
 
であることではないかと
感じております。
 

 
「スマホの普及」が
人の行動の何を変えたのか?
 
 
それは、
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 常に情報を仕入れる(検索)
 することができるようになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ということです。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 常に情報を仕入れる(検索)
 することができるようになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ということは、
 
■常に情報を比較検討することが
 できるようになった
 
ということになります。
 
 
一つの非常にわかりやすい事例を
紹介します。
 
 
電車の中で聞いた
母と娘のトークです。
 
=================================
 
母:何か甘いものが
  食べたくない?
 
娘:どんな甘いもの?
 
母:ん・・・
  いちごのショートケーキかな!
 
娘:え?どこで買うの?
 
母:家の近所の
  ○○○(洋菓子屋の名前)で
  いいんじゃないかな?
 
娘:あ、ショートケーキなら、
  私の友達が話題の
  ショートケーキのこと
  この前話してたよ!
 
母:え?それってどこ?
 
娘:あ、LINEで聞いてみるね!
 
(即LINEで返答があった模様)
 
娘:ここらしいよ!
  写真も送られてきたよ!
  美味しそう!!!
 
母:場所はどこ?
 
娘:検索してみるね。
 
(即スマホで場所を検索)
 
娘:駅から近いよ。
 
母:ちょうど帰り道だから
  そこにしよう!
 
=================================
 
お母さんがショートケーキを
食べたい時に思い出した
洋菓子屋は、
 
■LINE
■スマホでの検索行動
 
によって、
あえなく選択肢から
外れました。 
 
 
「昔は作れば売れたのに、
 今は作っても売れない・・・」
 
という訳です・・・。
 
 
非常に厳しい時代だと
痛感しました。
 
 
でも、
 
 
それが現実。
 
 
今と昔との根本的な違い
 
=いつでもどこでも、
 常に情報を仕入れる(検索)
 することができるようになった。
 
 
ということですが、
==============
逆にとらえると、
==============
 
お店を選択していただくべき
 
■情報
■画像
■ブランドコンセプト(お店の強み)
 
を揃えていれば、
 
その情報を仕入れた(検索した)人が、
お客様として顕在化する可能性が
大きいということだと思います。
 
 
時代の流れは急流のように早いですが、
うまく流れにのっていきたいものです。
 
 
そのための販促策は、
必ず足元にあります。
 
 
ご安心ください。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━