ベストセラー書籍「生協の白石さん」で知られる
法政大生協小金井店の店長白石さんが
その反響に驚いたパンをご存じでしょうか?

白石さん:ここまで話題になるとは・・・

その名は「単位パン」

640_640_letter

「単位パン」は、
大学卒業に必要な「単位」の焼き印が
大きく押された円形の平らなクリームパン。

首都圏中心の大学生協の売店で
期間限定で販売されました。

ネットなどで話題を集めて人気商品となり、
連日売り切れ状態が続いたのは
記憶に新しいところです。

そして、、、

2015年の「単位パン」は、
再販を望む学生からの熱い要望に応え
7月頃に期間限定で復活したようです。

前回の中身はクリームでしたが、
今回の中身はカレーパン。

コンセプトは

「そんなに甘くないカレー味」で、
「単位を取るのは、そんなに甘くないぞ」
とのメッセージが込められているそうです。

素晴らしいクリエイティブです!

見てもらえればわかりますが、
本当に「単位」という焼き印がしてあるだけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この情報によって、
私は二つのことを改めて思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一、ネーミングはとても大切

一、ネーミングで売上が変わる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実は、

ある商品のネーミングを考え、
人気商品にした経験があります。

和菓子屋さんの
「麩のラスク」です。

販売方法について
相談を受けた次の日に
私は三つの素材があれば売れると確信し
早速提案しました。

それは、
─ – ─ – ─ – ─ -─ – ─ -─

・商品の良さが伝わる画像

・独自のネーミングとロゴ

・ロゴと画像が入った
 商品訴求パネル

─ – ─ – ─ – ─ -─ – ─ -─

画像の大切さについては
常日頃記しているので
ここでは説明を省略します。

今回はとにかくネーミングが
大切だと思ったのです。

まずは「麩のラスク」で
競合がないかどうか検索。

すると、競合商品が
出てくるは出てくるわ・・・。

競合商品は、
それぞれ今回相談を受けた商品と
見た目がほぼ同じです。

しかし、一つのことに気づきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
心に残るネーミングの商品がない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は脳をフル回転させて、
ネーミングを考えました。

そして、

—————————

一、聞き心地がいい

一、食べるシーンが連想できる

一、ロゴにおしゃれに落とし込む
  ことができる

—————————

上記の三つの要素を踏まえて
ネーミングできました。

ネーミングによって、
美味しい「麩のラスク」は
更に価値が高い商品になりました。

特に
ロゴと画像が入った商品訴求パネルは、
女性に大好評で、
販促効果が抜群でした。

~~~~~~~~~~~~~~~

ネーミングによって、
商品の売上は大きく変わります。

ただ、気をつけなければならないのは
ネーミングすればいいということでは
ないことです。

ネーミングが
商品イメージや
ターゲットに合致しなければ
間違いなく失敗します。

くれぐれもお気を付けください。

最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~

取扱い商品の中に、

「“ネーミングすれば”
 売れるかもしれない!」

「“ネーミングを変えれば”
 売れるかもしれない!」

という商品はありませんか?

~~~~~~~~~~~~~~~
ぜひ一度、ご確認ください。

・・・とういことで、

最適なネーミングによる販促で
売上アップを!

■ヒロタ印刷 ホームページ
http://hirota-printing.jp/