ホームページを持つことが
とても大切だなと思った
お客様の実際のエピソードがあります。
 
 
 
お客様はパート・アルバイトを
募集されていました。
 
 
 
何人か面接に来られた中で、
お一人を採用されました。
 
 
 
採用から数週間後の
初出勤の日。
 
 
 
初出勤したスタッフに
商品情報を伝えようとすると、
すでに熟知されていました。
 
 
 
お店の方が、
 
「どうしてそんなに商品のこと
 知ってるの?」 
 
 
 
と尋ねると、スタッフは、
 
「ホームページにすべて掲載されていたので
 事前にみました。
 
 実は応募する時も、ホームページを見て
 素敵なお店だと思ったので応募しました」
 
とお答えになられたそうです。
 
 
 
 
 
今の時代ならではのお話しです・・・。
 
 
 
 
 
このエピソードを聞いて、
ホームページを持つことが
とても大切だなと改めて思いました。
 
 
 
このエピソードから
ホームページを持つことのメリットが
二つあったことにお気づきでしょうか?
 
 

┃1つ目は、
┃採用活動に貢献しているということです。
┃ 
 
スタッフは応募前にホームページを見て
応募を決断されています。
 
 
もしかすると、ホームページがなければ、
またホームページの情報が充実していなければ、
このスタッフの採用につながらなかったかも
しれません。
 
 
 

┃2つ目は、
┃スタッフ教育に貢献しているということです。
┃ 
 
スタッフは採用から数週間の間に、
ホームページを見て商品情報を
勉強されています。
 
 
スタッフさんの意欲が素晴らしかったと
思いますが、ホームページがなければ、
ホームページの情報が充実していなければ、
何もできなかったはずです。
 
 
初出勤までにある程度の知識を
スタッフが得てくれれば、
雇用する側はとても楽ですよね。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
このエピソードを見る限り、
お客様とスタッフは、ホームページがなければ
縁がなかったのは間違いなさそうです。
 
 
 
■採用活動に貢献する。
 
■スタッフ教育に貢献する。
 
 
 
この2点だけでも、
ホームページを持つ意義は
十分にあると思います。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページを持つことによって、

スタッフを採用する側の
      労力が大きく省けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
もちろん、情報が充実していなければ
ならないのは言うまでもありません。
 
 
 
もし現在ホームページをお持ちであっても、
 
・今のホームページは
 採用に貢献しているか?
 
・今のホームページは、
 スタッフ教育に使えるか?
 
一度確認してみてください。
 
 
 
労力ば省けなければ、
力を発揮できていないホームページということに
なります。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━