「まずはネット媒体に
 情報を掲載することが
 とても大事・・・」
 
 
そう思える実例があります。
 
———————————–
販促は、
まず情報を
掲載することから始まる
———————————–
のだと実感します。
 
 
ある繊維工場さんの
お話です。
 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
工場では、
日々新しい繊維の研究に
取り組まれています。
 
 
日々の成功と失敗の中から、
新しい繊維が誕生します。
 
 
そんなある日、
開発の中で不思議な素材が
誕生しました。
 
 
誕生したものの、
どのような活用方法があるか
わかりません。
 
 
そこで、
 
 
素材のスペックを明記し、
自社サイトの「取扱い素材一覧」に
掲載することにしました。
 
 
しばらくすると、
 
 
ある衣料メーカーから
 
「御社のサイトに掲載されている
 素材について興味があります。
 
 サンプルを
 送っていただけませんでしょうか?」
 
との問い合わせがありました。
 
 
そして最終的に
衣料の素材に使われることに
なりました。
 
 
活用方法がわからない
不思議素材が、
情報を掲載することによて、
販路が構築できた事例です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今回の事例のポイントは、
 

┃媒体に掲載すれば、
┃誰かがその商品を
┃探し求めているかもしれない。

 
ということです。
 
 
今回の事例では、
自社サイトに掲載することがなければ、
その素材は、
━━━━━━
無用な素材
━━━━━━
になっていました。
 
 
しかしながら、
情報を掲載することで、
探し求めていたユーザーが
顕在化したのです。
 
 
つまり、、、
 
 
■掲載しないと始まらない
 
■ネット媒体を
 利用しない手はない
 
ということです。
 
 
ヒロタ印刷でも
「情報」を掲載することによって、
お問い合わせがくるようになりました。
 

┃情報を掲載することによって、
┃潜在顧客が顕在化した

 
という実例です。
 
 
今は昔と違って、
【ネット媒体】
という手段があります。
 
———————————–
販促は、
まず情報を
掲載することから始まる
———————————–
 
という意識で
販促に取り組んでいただきたいと
思います。
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
皆さんにとって
一番利用しやすいネット媒体は
何ですか?
 
 
そのネット媒体を使って、
情報発信を行っていますか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
ネット媒体の利用にあたって、
最初から難しく考える必要は
ありません。
 
■ブログ
■Facebook
■LINE
■twitter
■インスタグラム
■mixi
 
どのネット媒体でもいいので、
取り組みやすいネット媒体を
使って、
 
━━━━━━━━━
情報掲載という販促
━━━━━━━━━
 
に取り組んでください。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
ホームページを中心にした
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━