「情報をネット媒体に掲載することは
 大切なこと」
 
 
と思えるお客様から伺った話が
二点なります。
 
 
───────────────────
 
 

┃一、全く縁がなかった百貨店から
┃  直接問い合わせが来た。

 
 
あるお客様に、
一本の電話がありました。
 
 
それは、百貨店からの
出店の要請でした。
 
 
お客様はホームページ代わりに
ブログを利用して、
 
──────────
■商品情報
 
■お店のこだわり
 
■商品などの画像
──────────
 
をきちんと掲載されていました。
 
 
「ある方からお店の名前を聞き、
 検索してブログを拝見しました。
 
 情報を見て、出店していただけないか
 ご連絡いたしました」
 
 
百貨店のバイヤーさんは、
出店を要請したいお店を
常に探されています。
 
 
探される際に用いられるのは、
ネットに掲載されている情報。
 
 
最終的にそのお客様は、
出店されることとなりました。
 
 
有名百貨店だったので、
出店したことをブログに掲載すると、
信頼があがり、
 
出店からしばらくして、
 
 「○○百貨店に出店されていたんですね。
 
  ぜひ取材をさせていただき、
  雑誌に掲載させてください」
 
との電話が某雑誌の編集局から
あったそうです。
 
 
 
 
 

┃一、売れないと思っていた商品が
┃  掲載していたら売れました。

 
 
このお話は、お客様の奥様が
取り組まれていたオークションサイトの
お話です。
 
 
お子さんが大きくなり、
不要になった子供用品。
 
 
リサイクルショップに買い取り見積を
してもらうと値段がつきませんでした。
 
 
そこでお友達の間で話題になっていた
オークションサービスを利用。
 
 
──────────
■出品商品の情報
 
■出品詳細の詳細
 
■出品商品の画像
──────────
 
をきちんと掲載されました。
 
 
(本当に売れるのかな・・・?)
 
 
その疑いの心に反し、
掲載翌日には売れました。
 
 
買った方からは、
 
「これ探していたんです!!!」
 
と喜びのメッセージが。
 
 
情報を掲載していなかったら、
まず売れずに終わっていたことでしょう。
 
 
───────────────────
 
 
異なった二つの実例ですが、
共通することはただ一つ。
 
 
 
「情報を掲載していたから
 起こった出来事」
 
 ということです。
 
 
 
様々な販促手段がありますが、
まず大切なことは、
 
 
「情報をきちんと掲載すること」
 
 
だということを、
改めて確信させていただいた
お客様の事例です。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━