販促にとって「女性目線」は
とても重要です。
 
 
 
女性のファンが増えると、
 

│◆口コミ拡散
│ 
│◆画像拡散(Instagram)
│ 
│◆友達、ご主人、お子さんと
│ 同伴来店

  
・・・など、影響力大です。
 
 
 
「女性目線」が重要なので、
「女性目線」での意見を
私は販促の参考によく聴きます。
 
 
 
 
 
先日は、女性数人に、
このような質問をしました。
 
「行ってみたいと思うお店って
 どんなお店ですか?」
 
 
 
 
 
“抽象的”極まりない質問でしたが、
皆さん丁寧に回答してくださいました。
 
 
 
 
 
いくつか回答をいただいたのですが、
 
─────
一つの回答
─────
 
がとても興味深かったです。
 
 
 
 
 
それは、
 
「文字がいっぱいで
 目がチカチカしないお店」
 
という回答です。
 
 
 
 
 
その女性曰く、
 
「商品を売りたい気持ちは
 わかるけど、
 
 文字が多かったり、
 文字の種類が多かったりすると、
 
 目がチカチカして
 商品が選びにくいし、
 
 何が売りかわからないし、
 長い間居たくなくなる」
 
とのこと。
 
 
 
 
 
率直かつ、鋭いご意見だなと
感心しました。
 
 
 
 
 
私は思いました。
 
 
おそらくそのお店は、
 
「文字ジャングル」
 
になっているのだと。
 
 
 
 
 
店舗には売上アップ直結の
多くの販促物があります。
 
 
・プライスカード
 
・POP
 
・商品説明パネル
 
 
これらで使っている「文字」が
いろんな種類だと、
 
・・・・・・・・・・・・・

視点が定まらなくなります。

・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
また、
 
 
・プライスカード
 
・POP
 
・商品説明パネル
 
 
これらが乱立していると、
 
・・・・・・・・・・・・・

目が疲れます。

・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
そうすると、
先ほどの女性のような、
 
>「商品を売りたい気持ちは
> わかるけど、
> 
> 文字が多かったり、
> 文字の種類が多かったりすると、
> 
> 目がチカチカして
> 商品が選びにくいし、
> 
> 何が売りかわからないし、
> 長い間居たくなくなる」
 
という印象を持たせてしまい、
 

│購買意欲をなえさせてしまう。
│ 
│リピート動機をなくしてしまう。

 
ということになりかねません。 
 
 
 
 
 
「文字ジャングル」になっていないかどうか?
 
 ┣ 使う文字は統一できているかどうか?
 
 ┣ 文字のレイアウトは統一感があるかどうか?
 
 ┣ 文字だらけになっていないかどうか?
 
 
 
ぜひ一度ご確認ください。
 
 
 
これを意識して変えるだけで、
お店の売上に変化が現れることがあります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━