販促で一番命中率が高いのは、
「リスト」に対しての販促です。
 
 
「リスト」に対しての販促は、
リストマーケティングと
言い換えることができます。
 
━━━━━━━━━━━━━
リストマーケティングとは?
━━━━━━━━━━━━━

簡単に説明すると、
見込み客となる
「リスト」を集めて、
その「リスト」に対して
教育やセールスをかけて行く
プッシュ型の
マーケティング手法です。
 
━━━━━━━━━━━━━
 
リストマーケティングは、
ネットでもリアルでも、
重要な販促手法です。
 
 
リストマーケティングにあたって、
最も重要なアイテムになるのが、
当たり前ですが「リスト」です。
 
 
この「リスト」を重んじることは
江戸時代から見受けられます。
 

 
次に記すのは、
「リスト」にまつわる
有名な話です。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
「火事と喧嘩は江戸の華」
と言われるほど、江戸の町は
火事が多かったことで有名です。
 
そんな江戸時代から、
 
+++++++++++++++++++++++++
「商売は、名簿で始まり
     名簿で終わる」
+++++++++++++++++++++++++
 
と伝えられています。
 
江戸時代の呉服屋は、
店が火事になったら、
真っ先に、
 
大福帳を持って逃げるか、
大福帳を井戸に投げ込んで逃げました。
 
反物などが燃えていても、
そんなものは放っておいて、
まずは大福帳を守りました。
 
大福帳とは、
顧客名簿のことです。
 
大福帳は特殊なコンニャクで
作った紙を使っていたため、
墨で書かれた文字が
水に浸かってもにじみませんでした。
 
火事がおさまったら、
井戸から大福帳を引き上げます。
 
そして、
 
商品が燃えてしまったお詫びかたがた
大福帳に記載された取引先に
1軒1軒挨拶回りをしたようです。
 
すると、お客さんがまた商品を
買ってくれるのです。
 
なので、
 
建物もまた建て直せ、
商品も仕入れることができます。
 
呉服が燃えた損失は微々たるもので、
それに比べて顧客名簿の焼失の損害は
計り知れないということを、
江戸の商人はよく知っていました。
 
つまり、
商売で一番の資産はお客様ということです。
 
いわんやそのお客様の情報が
掲載されている大福帳が、
商売の命だったわけです。
 
江戸時代でも、
商売を始めるときには
他人から名簿を買ってきて、
商売をやめて隠居するときには、
名簿を売却して
それを自分の退職金に
充てていたようです。
 
+++++++++++++++++++++++++
「商売は、名簿で始まり
     名簿で終わる」
+++++++++++++++++++++++++
 
まさにその通りですね。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
江戸時代から
商売で重んじられる「リスト」。
 
 
—————————
販促で一番命中率が高いのは、
リストに対しての販促です。
—————————
 
と冒頭に記しましたが、
あらゆる販促のゴールを
 
【リストの取得】
 
として取り組んでいただきたいと
思います。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
ホームページを中心にした
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━