お店のお客様は、
どこから来られているか
掌握されていますでしょうか?
 
 
それもなんとなくではなく
ピンポイントで・・・。
 
 
顧客リストがあることが
前提になりますが、
 
 
「お客様がどこから来られているか?」
 
 
ということが明確になると、
販促媒体を利用した販促の
 
精度と命中率が高まります。
・・ ・・・
 
 
ぜひお客様の見える化(=可視化)に
取り組んでいただきたいと思います。
 
 
ではどのように取り組むべきでしょうか?
 
 
あるお店の事例を
紹介いたします。
 
 
そのお店は、
事務所・バックヤードに
地図を大きくし壁に掲出。
 
 
そこにシールを貼って
掌握されています。
 
 
★画像はそのイメージです。
 

 
シールの色で、
 
■男性
■女性
 
を分けると更に価値的な
地図になります。
 
 
シールの色の活用は
アイデア次第です。
 
 
ぜひ取り組んでください。
 
 
ただし・・・
 
 
この手法には課題があります。
 
 
それは、
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
遠方のお客様を見える化できない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ということです。
 
 
この課題を解決する
ネットサービスを利用した
手法については次回記します。
  
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
ホームページを中心にした
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━