今までDMに取り組まれていなかった
あるお店。
 
 
アドバイスをさせていただき、
DMに取り組まれるようになり、
 
──────
DMの販促力
──────
 
をご実感いただき、
今では、
 
■元旦(年賀状)
■3月初旬
■6月後半
■9月中旬
■11月中旬
 
と一年に5回
定期的にDMを送付されるように
なりました。
 

 
この5回の送付する日程は
お店にヒアリングをし、
 
【お店にとっての特需時機】
 
を確認し設定しました。
 
 
お店さんが初めて
DMに取り組まれたのは、
 
■6月後半
 
で、お中元ギフトを
促す内容のDMでした。
 
 
「昔に比べてお中元を贈る
 習慣が薄れているので、
 効果があるかどうか・・・」
 
と、
 
贈る前は半信半疑でした。
 
 
いざDMを贈ってみると、
 

┃「ちょうどお中元のことを
┃ 考えていたところでした」
┃ 
┃「お中元を贈るかどうか
┃ 迷っていましたが、
┃ DM見て贈ることにしました」
┃ 
┃「お中元を贈ったことが
┃ ありませんでしたが、
┃ 今年は贈ろうと思います」

  
と大きな反響があり、
結果、例年よりも売り上げが
大きくあがりました。
 
 
DMを受け取ったお客様の反応を見て、
 
「お客様は来店動機を
 待っている」
 
ということを、
改めて確信しました。
 
 
お客様には、
お客様にとっての
 
“時”
 
があり、
 
“時”
 
が来ると、
 
───
顕在化
───
 
します。
 
 
今回紹介したお店は、
一度のDMで大きな反響が
ありました。
 
 
しかしながら、
 
 
このようなケースは
まれです。
 
 
一度や二度で
DMの効果を判断せず、
 
 
お客様にとっての
 
“時”
 
が来るまで
粘り強く取り組んでんください。
 
 
「お客様は来店動機を
 待っている」
 
ことは間違いありません。
 
 
アドバイスしたこちらも、
お客様の反応を肌で感じ、
感動しています。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━