販促にとって
なくてはならない手段の一つである広告。
 
 
身近な広告では、
新聞折込等がありますが、
 
時代のニーズは、
 

┃ネット広告

 
にシフトしています。
 
 
 
さて、
 
新聞折込であれ、
 
ネット広告であれ、
 
効果が出る広告を出そうと思うと、
それなりの予算がかかります。
 
 
出し方次第ではありますが、
たいていは広告の予算が低いと、
効果はあまり出ません。
 
 
となると、
予算をかけて広告を
利用することになるわけ
 
 
ですが・・・ 
 
 
意外なことを
広告のゴールにされている方が
多いことに驚きます。
 
 
ほとんどの方の
広告のゴールは、
[集客]です。
 
 
「え?
 ゴールは[集客]でしょ?」
 
・・・という声が聞こえてきます。
 
 
その認識は合っているといえば
合っているのですが、
───────────
[集客]だけ
───────────
をゴールにすると、
 
広告は
 
“一過性”のものになります。
 
 
「え?
 広告は“一過性”のものでしょ?」
 
 
・・・という声が聞こえてきます。
 
 
予算をかけて利用する広告に
“一過性”という認識を持つのは、
 
+++++++++++++++++++++++++
間違っています。
+++++++++++++++++++++++++
 
 
でも・・・
 
 
そう思われるのも、
致し方ありません。
 
 
私も昔はそうでした。
 
 
実は私はイベンター時代に、
広告への認識を叩き込まれました。
 
 
それまでの広告の認識は、
 
———————————–
広告のゴールは
[集客]であり“一過性”のもの
———————————–
 
という認識でした。
 
 
叩き込むまれた認識になってからは、
準備周到に広告を
活用するようになりました。
 
 
ぜひ参考にしていただきたいと思う
大切な認識です。
 
 
その広告に対しての認識については
次回記します。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ブランディングを軸に、
販促媒体(ネット媒体、紙媒体、パッケージなど)を
トータルでコーディネート。
 
■ヒロタ印刷製袋株式会社
http://hirota-printing.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━